<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Stylish jam - Blog

.....Floccinaucinihilipilification for it !
らも
名前; らも (Ramo)
愛称; らもちゃん、らもさん、らもっち。

■ 2000年9月中頃、岐阜県の恵那生まれ、現在7歳半。
■ 体重はおおよそ3.7キロ。最近ちょっと中年太り気味。
■ 人間の年齢に置き換えると、還暦は越えている?らしい。
■ ネザーランド・ドワーフ系の雑種。飼いウサギ、アナウサギ種。
■ 男の子で未虚勢。パッと見だけは限りなくピーターラビット。
■ 好物はバナナ、人参、うさクッキー、りんごチップ、水道水。
■ 主食のペレットは勿論シニア用。干草はセミロングタイプ。
■ ここ数年、下痢等の症状も全くなく、至って健康状態は良好。
■ 生まれてから7年半、1度も獣医にかかった事がない。
■ 但し、去年秋から爪切りだけは獣医に連れて行って切ってます。


2000年9月、よく足を運んでたペット屋に、気がつくと
ケージの端で元気のなさそうな茶色いウサギを発見。
それから毎週そいつを見に足を通わせるようになる。
いつまで経っても飼い主が見つかりそうになく、元気もなく。
2000年10月、数ヶ月前に急逝した愛猫の代わり、
ということも踏まえて、売れ残りならもさんを引き取ることに。
正直、当時の様子では、絶対に長生きしそうになかったが、
気がつけばこの約8年間、獣医へ訪れたことは一度もない(汗)。

性格は怖がり。抱き上げられるのも苦手。
でも、何故かネコやイヌと戯れる分には抵抗がない。
どうしようもない食いしん坊。量だけなら銀太の3倍食べている。

深い事情があり、飼い主とは04年から一緒に暮らせなくなり、
親族に預けることになったが、06年夏より再び一緒に暮らす。
が、らもさんと一緒に過ごせるのも予定では年内限り・・・(寂)。

食欲旺盛なところだけが唯一の救いといった具合。
でも、その容姿からも、確実に老いを感じているので、
正直、飼い主としてはあまり笑っていられなかったりもする(汗)。

日本では、毎年数百匹ものウサギが意味もなく虐待死されてます。
動物愛護団体へは惜しみなく、これからも協力していく次第です。

※2008年4月1日現在。


このページの先頭へ