<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Stylish jam - Blog

.....Floccinaucinihilipilification for it !
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ついにデビューします。
the Canadian Club (ザ・カナディアン・クラブ)

今年の夏頃からずっと何かに追われているかの如く仕事してましたが(笑)、
ようやくある種の節目みたいなモノが迎えられそうです・・・ってなワケで
the Canadian Club」というバンドのデビューが決まりました!

ここしばらくの間、自分の手掛けたバンドを何とかしてデビューさせたい、
って思いはあったのですが、ようやくそれが実現出来たワケです、万歳(笑
とりあえず、世間的にはまだ動き出したばかりなので、今後彼らも含めて
どうなっていくかは神のみぞ知るところなんですが、精進していきます。

で、早速なんですが・・・
本日は岐阜FMの公開生放送番組にゲスト出演の仕事があるので
久々にスーツなんぞ着て放送局までお出かけしようかと思ってます(笑)。

さて、ようやっと本格的に表に出て来られたな、って感じですよ、ホント。

彼らとの出会いは去年の12月のとあるイベントだったんですけどね。
初めてステージを見た時に、「コレはひょっとかして?!」というのがあり、
終演後にメンバーに声を掛けたんだけれど、正直、当時の様子はほとんど
覚えて無かったりします、ええ。<おぃ

で、数ヶ月を経て、再び彼らのステージを見る機会が出来て、そこで初めて
まともに会話を交わしたような気がします。

彼らは岐阜県の中津川出身の3人組のロック・バンドで、当時のサウンドは
いわゆるメロコアだったり、ポップ色の強いパンクロックって感じで。
ボクの音楽的嗜好からすると、特別に思い入れがあるわけではなく(汗)、
でも、どうしても頭に引っかかるモノがあって。
それが、日が経つに連れてより一層気になり出していったんですよね。

で、さらにそこから数ヶ月経て、3度目のステージを見る機会が訪れて、
そこで・・・三度目の正直(?)ってことで、スカウトに乗り出しまして(笑

このバンドを年内にデビューさせてみたいな、と(爆)。

で、彼らにもその意思を伝えて、じゃあプロジェクト発足だな、と。
そんなワケで、特に目標を掲げていたワケでもない中津川のバンドをボクが
一手に引き受けて、全面プロデュースしていくことになったんですね。

折しもちょうどその頃は、先発バンド(?)として、ウチのレーベルである
CLOUD RECORDSから、MORNING GLORYというガールポップバンドが出ていて、
というか、デビューしたばかりで、先陣を切って動いてくれていたので
正直・・・それに肖ろう、乗っかってしまおう、って魂胆もありつつ(笑)。

そういやそのMORNING GLORYってバンドも、岐阜県のバンドで。飛騨高山。
片やthe Canadian Clubは木曽中津川・・・どちらもエラい田舎っぷり(笑
おまけにどちらも3ピースバンドで、メロコア色が根付いていたりして。
そこがまた面白いな、と感じたところの1つでもあるんですけどね。

で、今年の5月頃から7月にかけて、膨大なデモトラックの作成に入り、
そこからアルバム収録に向けた新曲作り、アレンジ等を幾度となく行い、
8月頃に入ってようやくプリプロもある程度完成してきたところで、
最終的な収録トラックを決定して、月末あたりからレコーディング開始。

レコーディングに入ってからはもう同時進行の作業が膨大にありまして。
ボクはプロデュース以外にもデザインやCG、音響の仕事も抱えているので
どちらも同じくらい優先しなくちゃいけないのよね(汗)。
なもんだから、8月あたりから3日に1日しか睡眠出来ないという激務。
まぁ、こんな職業をやっていたら、ろくに寝られないのは当然だろうけど、
それにしても、久々に堪えました。特に忙しい時は4日も徹夜してたし(爆

もうね、ボクも40近いんですよ。あと一歩で大台っすよ。初老だもの。
めっちゃ若い連中と仕事してるんで、若作りに余念は無いんだけどね(笑

それでも、元はと言えば全部ボクが言い出しっぺなワケで・・・(汗)。
気がついたらこのプロジェクト、非常に多くのスタッフも携わっていて、
もう後へは戻れない状況・・・っていうか、どんどん進展していって。

9月に入ってからもひたすらスケジュールを考えつつレコーディング。

プリプロを元に進行してるんだけど、彼らもまだまだド新人なワケで、
こういった本格的なレコーディングなんかには慣れていないもんだから、
いろいろと苦労するワケです。当然、全部ボクにシワ寄せが来るしね(涙

レコーディング作業と並行して、CDデビュー直後からスタートとなる
全国ツアーのブッキングもあって、日程の調整も・・・これまた大変で。
さらに、リリース直前にはプロモーションも行わなければいけないので、
そいつの調整もあったりで、9月から10月半ばまではピークでしたね。

で、本当に〆切りギリギリになってアルバムの方はようやく完成して。
あとはもう、工場で生産されたCDが送られてくるのを待つばかり、と。

そして10月下旬になって、とりあえずボクの手元にCDが届きまして。
そりゃもう感動も一入、って感じです。やたら苦労しただけに・・・ね(笑

その頃には既にタワーレコードアマゾンHMV、などなど・・・
全国のCDショップには告知も打たれ始めて、ネット上でも発表されて。

何が笑えたって・・・mixiニュースにまでデビューの記事が出てたし(笑)。
何だかエラい大型新人みたいな書き方されてて、それどーよ?的な(おぃ
まぁ、そうやってマスコミに扱われるのはまんざらではないんですが、
個人的には普段、相当マスコミを敵に回すような記事を書いてるという(汗

そこでようやくボクの方も実感が沸いてきて・・・今に至るのだけど。


で。肝心な彼らのファースト・デビュー・アルバムなんですが(汗

見事なまでに王道を行くポップ・ロックです(笑)。
ボクが、「本当のポップな曲っつーのはこうじゃね?」なんて思ってたモノを
そのままカタチにしたら、こうなりましたよ〜、って感じの仕上がりデス。

ただ、ポップです!ってだけには当然終わらないですけどね、ボクの場合。

ボクがプロデュースするからには、やっぱり、それなりのエッセンスが
散りばめられるワケで・・・どことなく70年代の香りがしてみたり(笑

それで、ボクは一番コレだけはやったらおしまいだ!と思ってたのが、
いわゆる一過性にすぎないトレンド重視なサウンドや楽曲なんですね。
普遍的で、いつも隣にある・・・悪く言えば地味目なんだと思うし・・・
要するに時代を先取るような真似はしてないし、懐古主義にも走ってない。
ほんと、素直に良いな、って思えるメロディに曲を乗せただけ、っていう。

無駄に豪勢な味付けなどはせず、素材の味を大事にしてます、っていうか。

まぁ・・・アルバムを聴いてもらえば何が言いたいかよく解かるか、と(笑
また彼らについてはぼちぼちと語っていこうかな、と思っております。

"symmetry" the Canadian Club
[MFCR-005] 2008.11.12 on SALE
symmetry the Canadian Club [MFCR-005] 2008.11.12 on SALE

因みに、以下のサイトでも予約及び注文可能です。直接ジャンプします。

アマゾン

タワーレコード

HMV

楽天

とにかく、このブログをご覧の方は是非、アルバムを聴いてみて下さい!


おかげさま(?)で、地元CD店ではぶっちぎりでチャート第1位を獲得、
タワレコとアマゾンの予約チャートでも上位にランキングしました!
タワレコの試聴コーナーでは彼らのCDが試聴機に入っている(※)ので、
全編通して試聴したい方は是非、店頭の方で確認してみて下さい。
また、the Canadian Clubの公式サイトでも近い内に試聴を開始します。

※一部店舗を除く


さて、これから放送局に向かいつつ、CDショップで営業して来ます〜。

最後に、記事を読んだらこちらをクリックして投票に協力下さい♪
ココをクリックして「人気blogランキング」へ投票
| yass | 告知 | 10:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:00 | - | - |
ついにデビューですね。\(^o^)/
いろいろご苦労された事と思います。
彼らにはここからガンバってもらわないと!
せっかく良いお膳立てしてもらったんですからね。(^m^

しかし、yassさんの感性はすばらしいと思います。
モーグロもyassさんプロデュースなら良かったのにね。え?( ̄▽ ̄;)
正直な所、彼らの方がモーグロよりブレイクしそうな気がします。
女の子がやってるってのは、それだけで目を引きますし、けっこう出来るとなればみんな注目はします。
でも、その後、市場のリサーチやプロデュースも含めてトータルな意味の”プロジェクトの真の実力”が問われて来る訳で。

彼らの方が先にブレイクして、モーグロがyassさんにプロデュース依頼して来る…
なんて事になったりしてね。(^m^
| Sam | 2008/11/08 3:04 PM |

こちらのブログでは久しぶりです。

the Canadian ClubのCD楽しみにしていますよー!
全国ツアーに、CD発売っすかー。
ツアーの方も(関西方面)もちろん遊びに行きますのでよろしくです。
そうそう、ホームページも開設されたそうで、
さっそく覗いてみました。

このバンドは、躍動感ってイメージが定着しそうですね。写真でメンバーがジャンプしているので、
ライブでもピート・タウンゼントばりにやってくれそうな予感がしますww
| K.T | 2008/11/08 6:14 PM |

●Samさん

そうですね、ついに・・・11月12日にデビューとなります(しみじみ
彼らも彼らなりに相当頑張ってると思うし、「プロの自覚」っていうのを
それはもう、会う度に言うてるので(笑)、デビュー以降は勿論、今以上に
それらしくカタチになっていくと思うんですけどね。

>しかし、yassさんの感性はすばらしいと思います。

いやぁ、第一線で活躍してる人にそう言われると本気で嬉しいデス(涙

>モーグロもyassさんプロデュースなら良かったのにね。え?( ̄▽ ̄;)

わはは・・・いや、あそこも凄〜くやってみたいと思いますよ(笑)。
でも、モーグロは結構大きなプロダクションで面倒を見てもらってるし、
プロジェクトとしてかなりハッキリしたカタチが既に出来上がってるんで
後はもうこのまま邁進あるのみ、って感じじゃないでしょうかね??

ただ、彼女らは既に2枚アルバムを出してますが、いよいよフルアルバム
となった場合、今までのようには行かないとは思ってます。
なので、次のアルバムが勝負どころではないか、と。

>彼らの方が先にブレイクして、モーグロがyassさんにプロデュース依頼

いやぁ、モーグロはともかくとして、先にブレイクして欲しいですよね。
今回の彼らのアルバムもそうだし、ツアーにしても・・・全てそうですが
ボクの意向がかなり強いんですよね、周知の通り(汗)。
なので、世間の反応はそのままボクにも突き刺さりますからね(爆
だからこそ、動向もとても気になってるし、ボクも試されてるワケで。

>トータルな意味の”プロジェクトの真の実力”が問われて来る・・・

ホント、まさにボクが一番努力しないといけないところだと思ってます。
ボクとしては、現時点で可能な限りのことをやり切ったつもりだし・・・
勿論、まだまだやれることは沢山あるんですが、今の時点ではコレが全て
というか・・・ベストであって。

本当に良い音楽とは何ぞや?!っていうね。真価が問われます(大汗)。
少しでも報われることを・・・祈ってやってあげて下さい(笑)。

●K.Tさん

お久しぶりですね・・・ってか、ボクが最近更新してないからだけど(汗

ついに発売ですよ!明日なんだけど・・・既に店頭には沢山並んでます!
もう来週から全国ツアーが始まるので、そっちの方もドキドキですよ。
関西方面は11月末〜12月初旬ですね。現地でお会い出来ることを
今から楽しみにしてます。良いモノがお見せ出来るのを約束しますよ。

因みに、彼らの公式サイトや公式ブログも全てボクが手掛けてます(笑)。
もうね、完璧なまでにトータル・プロデュースなんです、今回。
ぶっちゃけ、この↑にあるアー写にしても、撮影したのはボクだしね(爆
アルバムのクレジット欄には別名を語ってますが、正真正銘ボク(笑)。

躍動感・・・そういったモノを感じてもらえると嬉しいですね。
いわゆるコンセプト・バンドではないけれど、イメージやコンセプトは
プロジェクト発足時に結構ボクの方で固まってたんですよね。

とにもかくにも。KTさんの所にも明日にはCDがきっと届くだろうから
実際に見て聴いてもらって、楽しんでもらえるとありがたいです!
| yass | 2008/11/11 10:28 PM |

はじめまして、私もニュース系サイトを運営しています、よろしければ相互リンクをして頂けませんか。こちらから先にリンクを張らせて頂いています。よろしくお願いしますhttp://kasiharanews.seesaa.net/
| ひかり | 2008/11/14 6:19 PM |










http://yass.jugem.cc/trackback/632


このページの先頭へ