<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Stylish jam - Blog

.....Floccinaucinihilipilification for it !
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
カチャーゥ!
ディズニー/ピクサー映画『カーズ(CARS)』(2006年)

さて、今日は久々にちゃんとした1本のみの映画レビューでも・・・(汗)。
あ、ネタバレではマズいので、物語自体にはあまり触れてません(笑)。
今年7月1日に日本で公開されたディズニー/ピクサーの最新作「カーズ」。
公開直前公開直後にもこのブログで少し記事を書いてたんだけれど、
当然、映画を見てない段階なもんだから、あくまで想像の域だったので、
今回DVDが発売されて我が家にも届いたので、早速家族で視聴しました。

結論から言うて、前評判や劇場で見た人の評判通り、素晴らしかったデス。
正直、自分は昔からディズニー関係って、それほど関心が高くなかったし、
まぁアレですよ、「パイレーツ〜」の出演を頑なに拒んでたストーンズ
キースの心境?と同じと言いますかね、ええ・・・そんな具合で。<おぃ

車好きな人は勿論、大人でも十分に見られる内容で凄くオススメです。
▼ 映画『カーズ』 (DVD)
映画DVD『カーズ』(2006年11月8日発売)

詳しいスタッフやらキャスティングやらについては、以前も書いてたし、
それぞれ貼ってあるリンク先を見てもらえば判るだろうから割愛、割愛(汗
上記文面上のリンクを辿って下さい。時折書いてること違ってるかも(おぃ


7月1日公開で11月8日に既にビデオ屋でレンタルも発売と同時に開始!
って・・・なんかヤケに早いっすね。今って、そんなモノなのかしらん?

本当は最新映画情報を見た春頃から絶対に劇場に見に行く予定だったけど、
たまたますぐに行けなくて、7月下旬には既にほとんどの劇場が吹き替え版
しか上映しなくなっちゃったもんだから、それで逃しちゃったんだよね(汗

・・・まぁ夏休みだし、基本的に子供向けだから当然っちゃ当然だけど(笑

洋画の場合、ボクはほぼ字幕版しか見ないんだけど、こういうアニメ作品は
また別で。例えば最近のジブリ映画なんか、ド素人声優に馴染めないんで、
英語版の入ってるDVDだとそれで鑑賞出来るもんだからありがたくて(爆

DVDはその字幕版と日本語吹き替え版と両方ともシッカリ見たけれど、
吹き替え版もなかなか良さげな感じでした。ぐっさん、妙に上手いし(笑)。

このDVDで驚いたのが、映像フィルムに描かれてるのは当然英語だけど、
日本語字幕版で鑑賞すると、作画に登場する英語表記まで部分的に日本語に
変換されるんだよね。というか、わざわざ日本語で描いてるんだよね?
コレって、ディズニー系は当たり前なんでしょうかね。かなりビックリ(汗

普通の映画だと、英語でメモとか看板とか登場するシーンがあっても、
それもセリフと同様にスクリーンに字幕として表示されるだけだもんね。
まぁココらへんの気配り?が、やっぱお子様向けってことなのかな(笑)。

▼ オリジナル(英語)字幕版のシーン
画像の中のキャプション(英語)。〜映画「カーズ」より

ワリと重要なポイントは全て日本語表記に切り替えられるみたいデス。

▼ 日本語字幕版のシーン
画像の中のキャプション(日本語)。〜映画「カーズ」より

物語としては、その以前の記事でも触れてますが、やっぱり王道デス(笑)。
というか、こういう映画はそういうモンでしょう、っていう。
もう予想外なドンデン返しとか、んなバカな!ってな展開じゃダメだしね。
別に王道だから、ストーリーがつまんないってことは全くなかったし。

独り善がりで放漫で都会で暮らす主人公が、ひょんなことから田舎の町に
飛び込んでしまい、そこで人(車?)との絆を徐々に深めていくことになり、
その経験から、自らが目標にしていたレースに再度挑む、って展開デス。

映画の冒頭と最後がそのレースの場面となっていて、主人公が如何にして
心情変化が起こったのか、と。そして何を一番大事にすべきか、と。

で、その演出に使われてる舞台が実在する「ルート66」というところが、
これまた個人的にもツボだったんだけどね。日本人には馴染み薄だけど(汗
因みにルート66についても、別件で以前記事を書いてるので参考までに。

舞台としてはその旧道であり実在するルート66号線を登場させてるけど、
新たにバイパス線として設けられた国道40号線も実在するのよね(笑)。

▼ 物語では40年前までは主流だったルート66号の地図。
それまでの地図。〜映画「カーズ」より

映画の中でも、ちゃんと説明されとります・・・(笑)。

▼ 物語で地図上からルート66号が消滅し改定された地図。
それ以降の地図。〜映画「カーズ」より

で、この地図・・・コレも一応フィクションではあるのだけれど、
実際の地図を参照すると、非常に似ているところがまた笑えます(笑)。

▼ 実際のアメリカ西部の現在の地図。
アリゾナ州付近のルート66号の地図。

物語の舞台となるラジエター・スプリングスって町の名前も似てるけど、
このバイパス建設後のルートなんかも非常によく似てるのがよく判る(汗)。

▼ 映画の中に登場する国道40号線。
国道40号線。〜映画「カーズ」より

このルート66号線も約2年前にドライブしたんだけれど、映画の通りで、
本当に寂れてしまってゴーストタウン化しております・・・(涙)。
また登場するモーテルなんかもソックリ。なので、実際にここを訪れた人は
この映画を見たら結構ビックリかも・・・。
この40号線の景色もまるでソックリだったんで、ボクもビックリでした。
もうこのへんなんて、過去何十回と訪れてるんですけどね、自分(笑

▼ 滅多に車の往来が無いのでボクも思わずド真ん中でゴロ寝(爆)。
管理人、ルート66号線にて何故かゴロ寝・・・(大汗)。

でも、それもそのハズ。ラセター監督らスタッフのインタビューによれば、
実際にこの近辺を旅で訪れて、いろいろ研究されたそうで・・・なるほど。
ルート66号線は、アメリカ東部のシカゴを起点として、東西に延びる、
70数年前に舗装された全米横断の非常に重要なルートで、終着点の町は
カリフォルニア州のロスアンゼルス。距離にしておよそ4000キロ。
しかし、この映画ではその4000キロの道程のうち、この景色からして、
カリフォルニア州〜アリゾナ州あたりをモチーフにしてると思われ・・・。

▼ ルート66号線の終着点、最西端のサンタモニカにて。
ルート66号線の終着点であるサンタモニカ、桟橋入り口にて。

この映画の中で、何故ラジエター・スプリングスという町が衰退したかを
主人公に教えるシーンがあるんだけど、そこで述べられてる説明ってのが、
これまたほとんど本当の話で(汗)。ほんの少しでも移動時間を短縮すべく、
これまでは地形に沿って道路を築き、それに沿って人が住むようになり、
栄えていったところを、地形を無視して山を削り、直線的に道路を築き、
点在する町はほとんど立ち寄ることなく、通過するだけにさせてしまった。

▼ アリゾナ州ウィリアムスの中心を通るルート66号線。
アリゾナ州を横断するルート66号線。

周知の通り、アメリカのフリーウェイ(国道)は日本と違って無料なんで、
当然、カッ飛ばせる高速道路の方が圧倒的に便利だし、何せ移動が早い。
そうなれば、みんなはわざわざ旧道なんか通ることはなくなるもんね。

そうすると、昔ながらにルート66号沿いに定住していた人達の生活は、
当然、危ぶまれるわけですよ。誰も訪れなくなってしまうんで・・・(涙)。
しかも、1985年に正式にアメリカの地図からルート66号は削除され、
新たに訪れようとする人にしたら、道路の存在すら知る由もなくなり、
実際、多くの住人が生活出来なくなり、泣く泣く土地を離れて行ったり。

▼ それまでの住人は次々に店や住居を残して去ってしまう。
ゴースト化する町並み。

今でこそルート66号線は日本ではそれほど知られてはいないものの、
世界ではワリと知られてることもあって、まぁ自分も全くそうなのだけど、
その85年以前の再版された旧地図を片手に、あちこち調べてみたり、
単純に観光として訪れることもあるし、時間のある時なんかだと、敢えて
高速道路は使わず、こうした旧道をゆったり通ったりするんだけどね(笑)。

なので、土地によっては思いの外、地味ではあるんだけど賑わっていたり。
過去を懐かしんで訪れる人もぼちぼち増えて来てはいるようですね。
何せ、何十年も前に突然町を捨て、そのままゴーストタウン化してしまった
ところも多いんで、そういった所を訪れると、見事にそのまんまなのよね。
まるで明治村にでも訪れてるような気分になるッスよ、ええ(笑)。
あと、訪れたことはないけど、長崎にある軍艦島のような廃墟っぷりとか。

なので、お!あそこに店があるぞ?スタンドがあるぞ?って、嬉々として
立ち寄ると、店内は埃だらけで、まるでモヌケの殻だったり・・・(大汗
ってか、2年前の時もそれで散々苦労しました(泣)。<危うくガス欠で

最近は日本でも俄かに廃墟ブーム?なようなので、それも良いのかも(笑
因みにこちらのサイト、かなり気に入ってます・・・コレも参考までに(汗


さて、ルート66についてはもういいや・・・。
語りまくってしまって肝心な映画の話題が・・・(爆)。<おぃ

オリジナル(英語)版では、主人公の声をオーウェン・ウィルソンが担当し、
伝説のレーサー役として実際にレース経験も豊富なポール・ニューマンと、
出演してるんですが、向こうの役者さんは声だけでも本当に上手ですよね。
何ていうか・・・表現がオーバー気味で、滑舌なんかもヤケに良いんで、
非常に聞き取りやすいし、かといって不自然な感じも全く無いですしね。

で、前述したように、こういうアニメーションものだと、日本語版の方も
気になるので、そちらでも視聴したわけですが、日本語の吹き替え版も、
思ってた以上に良かったデス。ぐっさんこと山口智充さんは相変わらずで、
戸田恵子さんもさすが、といった感じ。でも、実は一番ピッタリなのは、
何と言うてもチョイ悪オヤジのパンツェッタ・ジローラモ氏でしょう(笑)。

彼は役者でも声優でもない、イタリア訛りが抜けない日本語を喋る人(汗)。
でも、この映画にはイタリア車でフェラーリ大好きなイタリア訛りな英語を
喋るヤツが登場するんだよね。もううってつけやん・・・ジローラモ氏(爆

また最後の方には、今季で引退のF1レーサー、ミハエル・シューマッハ
特別出演してるのが笑えました。勿論、フェラーリの役として(笑)。
この映画、アメリカ映画だからなのか、契約なんかの問題でもあるのか、
欧州車はあまり登場してないのよね。BMW、ベンツ、シトロエンあたり。
でも、ワーゲンとかフィアットなんかはフツーに登場するしなァ・・・。

▼ ミハエル・シューマッハが来店するシーン。
ミハエル・シューマッハの出演シーン。〜映画「カーズ」より

そして、肝心な日本車なんだけど・・・コレは公開前に必ず1台は登場する
って噂があって、実際見たら・・・ちゃんと言われてたのが出てました(笑

▼ 唯一日本車として登場するマツダのロードスター。
唯一登場する日本車。〜映画「カーズ」より〜

このロードスター(ミヤタ)だけど・・・役としては、主人公マックイーンの
追っかけファンのようで(爆)。やっぱ・・・日本人って、欧米人に憧れる、
っていうスタンスの意識が働いてるからでしょうかね、コレってば(汗)。
しかも、途中で浮気して違うレーサーの追っかけに鞍替えするし(笑)。


まぁそんなワケで、全くレビューになっちゃいませんが(おぃ
久々に前評判を気にして情報を入れたにも関わらず期待を裏切らない、
十分に楽しめる作品だったので、満足でした。評判通りで何よりデス(笑)。

そして、迂闊にも・・・ホロリ、とさせられましたしね(汗)。<お約束

これ、見た人は解ると思うけど・・・社会的なメッセージも少し
含まれてますよね。デカい企業が次々と小さい企業を飲み込む。
何でもカンでもデカけりゃイイってモンじゃない、と。
それに、ちょっと時間短縮する為だけに、そこまで大きな犠牲を
生んで良いものか、と。人生そんなに慌ててどうするよ?と。

まぁそれでも現実は大は小を兼ねてしまうモノだけど・・・(汗

最後のオマケ?として、過去の数々のピクサー作品が全て「車」となって
登場します(爆)。ここはまぁそれまでの作品へのオマージュなんですかね。
こういうチョットしたジョークも、アメリカ人ならではかな、と。

また、DVDには特典映像として、ピクサーの最新短編映画と、
「カーズ」のサイドストーリー、未公開シーンの絵コンテ映像、
監督らのインタビューなんかも収録されててどれも面白いデス。

で、このピクサー作品だけど、特に今作なんかは、莫大なCGを費やして、
それでこんな美麗な映像だけに、どうしてもCG云々の話題が先行しがち。
まぁそれはもう仕方がないだろうけど、作品を見てると、単純で王道って
言えば王道な物語にも関わらず、そんなこと気にしなくなります、すぐに。
いや、もうCGは目がテンになるくらい凄まじいんですけどね、ええ(大汗

車の擬体化って言うと、なんだか昔のトムとジェリーを思い出すんだけど、
大概それとなると、ヘッドライトが目になるのがお約束だと思ってたのに、
この映画ではフロントガラスが目になってるところも斬新でしたよ。

この映画には一切人物というのが存在せず、虫まで全て「車」なんだよね(笑

そんな車で、しかもCGはこれだけリアルだから、動きも勿論なんだけど、
生活を営むに当たって、どういう仕草?とかするのか気になってたけれど、
そういったところも、見事に自然に表現されてて感動しました。
何せ、登場する車の性格と、本来の車の性質があまりにマッチしすぎ(爆)。

あぁ、この車種が喋ったらこんなだろうな、みたいな性格というか(笑)。

あと、子供に理解出来るか定かでないけど、ジミヘンが云々だとかね(汗)、
ヒッピーだとか、そういうシャレを含めるところもアメリカ人だなァ、と。
っていうか、ディズニー映画は基本的に子供向けなのは周知の通りだけど、
ピクサー自体は、CG会社ってだけで、別に子供向けばかりなワケでは
無いですもんね。ディズニーに買収されちゃったんで、まぁこの作品も、
ディズニー作品の1つにはなってはいるものの・・・(汗)。

なので、ボクみたいなヤツでも十分に楽しめる作品だと思うですよ。
それに、やっぱり登場する車が全て実在するっていうのも面白いし、
以前も書いたけど、サウンドトラックもかなり素晴らしいデス。
単純にボクの好きなアーティストが沢山なのもあるけれど(笑)。
主題歌を担ったラスカル・フラッツはコレをキッカケにして全米で
大ブレイクしましたもんね。カントリー系のバンドなんだけど・・・。

▼ Life Is A Highway / RASCAL FLATTS (2006)


因みに相方に感想を伺ったところ、主人公の心情が変化するところが、
もう既に映画のかなり後半になってからだったもんだから、序盤で見せてた
ちょっとイヤ〜な性格の主人公の印象が随分強くなってしまったそうで(汗

▼ ちゃんとベロがあんのね、ベロが・・・犬みたい(汗)。
冒頭の「ピストンカップ」にて。〜映画「カーズ」より

ってか、確かに・・・なんかちょっとイヤなヤツでしたな、最初は(笑)。


さて、他にも先月あまり映画を見る機会が得られなかった反動もあって、
先日から結構沢山見ております。そうそう、「デスノート〜前編」もね、
結局劇場で見れずにウダウダやってるうちに先週民放で放送しちゃって(汗
いっぱい見てるんだけど、どうもレビューが苦手なもので・・・(涙)。

そして、相変わらずセンスを疑われまくりなほど無節操にいろんな映画を
見続けております、ええ・・・「バタリアン4」も早く見たいところ。<おぃ

あ、そうだ。この記事タイトルにある「カチャーゥ!」っていうのは、
主人公の独特な?口癖みたいなモンらしいデス・・・(笑)。


...Ka-Chow!<課長?( ・∀・ )


あと、オマケ・・・。
「カーズ」のキャラクターを模したテレビデオ(笑)。

いやね、キャラものだから、キャラクター商品化されるのは
別に何とも思わないんだけど、コレはやりすぎだろwww


最後に、記事を読んだらこちらのクリック投票に協力下さい!
ココをクリックして「人気blogランキング」へ投票
| yass | 映画 | 23:30 | comments(12) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:30 | - | - |
届きましたか。予約って言ってましたもんね。

丁度、子供が小さかったので、ディズニーは、「アリエル」とか「美女と野獣」とかビデオの頃ですが、ほとんど持ってます。(^^;

もちろん、こういった、CG系の「トイストーリー」も有るんですが、最近、子供が大きくなったので、DVDが流行りだしてからは、もっぱらレンタルです。
唯一、「ニモ」ぐらいかな。
でも、これは、久々に買っても良さそうな作品みたいですね。
| リッチフィッシュ | 2006/11/12 2:45 PM |

●リッチフィッシュさん

そうです、発売日当日に2度も見ました(笑)。
殆どの人は自分トコのお子さんに、ってことで見てるんでしょうね。
ウチはいい大人が大人の為に堂々と見ちゃいますからね、ええ(爆)。
さすがにディズニー映画はモロに子供志向だけに、ボクは関心ないけど、
ピクサー映画は結構大人志向なシュールさもあるんで気に入ってマス。

正直レンタルでも良いんですが、ボクの場合、忘れた頃に見たりだし(汗
レンタルもしますけどね。さすがに全て買ってたら半年で破産デス(爆
| yass | 2006/11/12 5:35 PM |

ディズニー、僕も娘が生まれる前までは、
ピクサー系以外はキースの心境でした。
でもヤシの木に登って落っこちるおじさんって、
ディズニーじゃん!って思ったのですが(笑)。
ケーブルで見るディズニーチャンネルとかも意外と面白いし。

そして、パイレーツオブカリビアンの3作目には、
キース、出るらしいですよ。
出ないって言ってたのにねぇ。

カーズ。僕も見たいと思ってました。
大好きなワーゲンバスでてるし。
もちろんウチも買いです。
| 竹夢 | 2006/11/12 9:49 PM |

●竹夢さん

お、竹夢さん家も買いますか〜。きっと予想以上に楽しめると思うデス。
そして、キースの心境だったのですね(大笑)。そう、彼はカリブの海賊、
次回3作目には出演決定なんですよね、どうも。ってなワケで、まさしく
キースの心境なんですよね、自分(汗)。結局好きとちゃうん?みたいな。

映画に登場するワーゲンバス、オーガニック燃料屋でしたな、確か(笑)。
ボク、ワーゲンはどのタイプも好きで、超マニアックなタイプ2とか(爆
でも、一番好きなのは・・・カルマンギアだろうなァ。走ってるところ、
最近見ませんが。バブルの頃は結構レストアしたのが走ってたのに(汗)。
やっぱ車好きだと特に楽しめそう。やっぱ男の子向きなのかなァ?
| yass | 2006/11/12 10:55 PM |

車好きとしては、見たいという気持ちもあったん
ですが、ディズニー映画だから内容が子供向けかなと
思って見ずにいました。
でも、大人でも十分楽しめそうですねw。
しかもバイパーってちょっとFD君に似てたりするし・・・w。
| shibatex | 2006/11/13 10:20 AM |

●shibatexさん

やっぱりディズニーとピクサーがごっちゃになってる人が多いようで(汗
ピクサーはCG会社なんで、別に全て子供向け専門じゃないんですよね。
まぁディズニー傘下で子供向け必至ですが(笑)、それでも楽しめますよ。
車好きでなくても。好きなら尚更。でもアメ車中心なもんだから・・・
日本人には若干馴染み薄な車種も多いかもしれませんが。
ダッジバイパー、確かにどことなくFDっぽいッスね(汗)。
っていうか、元が意識してるかもしれませんよ〜・・・・ムフフ。
| yass | 2006/11/13 6:50 PM |

押さえきれなくて、見ちゃったので(^^;、TBさせて頂きました。
これは、買いだったかも知れませんね。
ここの所、小遣いが、厳しいので、買えませんでした。
って言うのもあるけど、ブログを書き出してから、あまり、同じ映画を見返すほどの時間が取れないので、レンタルで済ませました。
| リッチフィッシュ | 2006/11/13 11:12 PM |

●リッチフィッシュさん

わはは・・・抑えきれませんでしたか(汗)。TBもどうもデス。
しかしリッチフィッシュさんって、殆ど毎日のように映画見てるんじゃ?
ボクはワリと波があるんですけどね。休日に4本立て続けに見たり(爆
でも、機会を失うと暫く全く見なかったり・・・ってなもんだから、
まだ「ミュンヘン」とか「インサイドマン」とか溜め込んでるDVDが(涙)。
映画を見ると、その分、普段のテレビを全く見なくなりますけどね(笑)。
| yass | 2006/11/13 11:22 PM |

こんにちは。
TB頂き有り難うございました。
ルート66はちょっと走ってみたいなあと思っていたので、
非常に興味深く読ませて頂きましたよ。
4歳の娘が毎日のようにカーズDVDを繰り返し見ております。
「千と千尋の神隠し」以来かな(^_^)
| 散財生活 | 2006/11/15 2:10 PM |

●散財生活さん

コメントどうもデス。ルート66に興味持ってたんですね!<嬉
"母なる道を知らずしてアメリカを語るな"ってことで・・・(汗)。
イタリアの場合だと"ナポリを見てから死ね"なんて言われてますが(笑
実際訪れると「何も無いところ」に感動することうけあいですよ。
一般人のイメージにある昨今のアメリカとは全く別世界ですしね、多分。
ただ、本当に何も無いんで、女性や子供には全く面白くないだろうなァ。
しかし・・・4歳の娘さんが興味津々とは(笑)。
うーん・・・ボクの精神年齢も相当若い証拠だなー。<おぃ
| yass | 2006/11/15 5:56 PM |

ブログ書く前は、週に3本ぐらいだったんですよ。
書くからには、半年ぐらいは、毎日ブログを書き続けようって思ってたので・・

でも、そろそろ元の3本ぐらいに戻そうかなって思ってます。
なんか、記事と関係ないコメントになってしまいましたね。(^^;
| リッチフィッシュ | 2006/11/16 2:17 AM |

●リッチフィッシュさん

週に3本でもワリと多い方では(汗)。ボクは一番多くて、年200本とか
そのくらい。月に最低7〜8本は見るから年100本くらいかなァ。
でも、延べ数ですけどね。同じ映画を年に3度見ることもあるし(笑)。
その日見た映画をすぐに記事に出来ると理想なんですが、ボクの場合は
なかなかそういうワケにも行かず・・・(涙)。
| yass | 2006/11/16 11:34 PM |










トラックバック機能は終了しました。
『カーズ』を買ってきたよ!
予約してあった『カーズ』。買いに行くのは、週末かなぁ〜と思っていたんですが。 わさびー。TVCMを見て『マックィーン、買いに行く!』と大張り切り。 カーズ 天気もよいし、あたしのテンションも高いし、行くか〜と自転車に乗りまして、行ってみました。片道
| わらぶろぐ。 | 2006/11/17 12:19 AM |
カーズ (CARS)
鑑賞日:2006/11/13 まだ、見るつもりじゃなかったけど、良いということなので、早々に見てみました。 出たばかりの新作を、レンタルすると、2泊3日で返さないと駄目なので、面倒なんですよね。 なので、よっぽど、見たいという気持ちが押さえられなかったものしか見
| 福の神 映画のすすめ | 2006/11/13 11:04 PM |
カーズ(2006) その2
批評No.30-2 変な言い方ですが、ゆったりして物語に没頭できます。 …からの続き。
| berabo's blog | 2006/11/13 12:09 AM |
Cars DVD
劇場公開で見なかったカーズ。AmazonでDVDを買ってしまいました。 レースシ
| parallel twin driver | 2006/11/12 1:33 PM |
カーズ
DVD買いました。劇場でも観ましたが、車好きは一見の価値ありですよ!(^o^)
| ゲットだぜ! | 2006/11/12 12:26 PM |
カーズ。
映画見たのに、またDVDで見てしまいました。 すごく映像がキレイなんだ!車のピカピカ感とかすごいんだ! それと、本編始まる前にやってたワンマンバンドがまた見れてうれしい! 内容に関しては以前書いた気がするので、今日はちょっとご立腹。 珍しく吹き
| bistre | 2006/11/12 11:45 AM |
今日の映画(カーズ)
カーズ ・・・おすすめ度 80/100 今日購入してたった今見終わりました^^ 北海道の寒い夜にと〜っても温まる作品。 マックインーンのように相手を思いやる気持ちを学べばいじめなんかなくなるかも。 子供達にぜひ。
| mahirose cafe | 2006/11/12 10:31 AM |


このページの先頭へ