<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Stylish jam - Blog

.....Floccinaucinihilipilification for it !
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
良い子のみんなはコクヨノートで。
6月17日より全国上映される、藤原竜也主演、金子修介監督の映画「デスノート」。

なんだかワールドカップ大会で盛り上がりすぎると、
それしか記事を書かなくなってしまいそうなので、映画の話題でも。
いつもココで映画のことを書く時は、昔に見た作品だったり、
最近DVDで見た作品だったり、ってケースが多かったりするのだけど、
今回はこれから劇場公開される映画について書こうか、と。
勿論、見に行きたいと思ってる作品ばかりなんだけれど。

公開前だから何書いたってネタバレにはならないだろうし・・・(笑)。
近所に無いし、そう頻繁には劇場に足を運べないんだけどね(汗)。

そんなワケで、この夏公開される中でも気になるタイトルをいくつか。
ネタバレ出来ない代わりに違うネタをいっぱい出してたりして(汗

んじゃ、早速本題・・・っと。

え?またしても記事のタイトルがベタすぎや!って??
何を仰いますか!ボクはいつもニコニコ、ジャポニカノートですよ。<おぃ
ってか、周囲に映画好きってほとんどいないもんだから・・・
半ば自己満足気味で書き殴ろうかな、と(爆)。


ってことで。今週末いよいよ公開の映画「デスノート」のデス。<マテ

「DEATH NOTE (デスノート) 前編」 (2006年日本)

以前も書いたけど、映画って物語が大事なんで、ネタバレを恐れて
普段は滅多に前評判とかレビューとかほとんど読むことがないけれど、
映画評論家の前田有一氏のサイトは結構参考にさせてもらってマス。
ココも基本的には一切ネタバレ抜きだし、独断と偏見も無いんでね。

さて、この「DEATH NOTE (前編)」。
知ってる人もいると思うけど、原作は「週刊少年ジャンプ」連載の
人気漫画(原作:大場つぐみ・作画:小畑健)であります。

コミック「DEATH NOTE」(原作:大場つぐみ・作画:小畑健)

コミックスの方は既に1500万冊も売れてるとかで。凄いっすね。
多分に漏れず、ボクも読んでます・・・(汗)。<新刊は読んでないケド

主題歌は、以前こちらにも書いたんだけど、レッチリの最新シングル。
詳しくはそちらの記事を参照下さい。PVも全部視聴出来ますんで(笑)。

で、本題のストーリーなんだけど・・・至って簡単デス。

人間界に興味を抱いた死神が面白がって下界にとあるノートを落とす。
そのノートに書かれた名前の人間は必ず死ぬ、という恐ろしいノート。
そいつを超優等生で警察庁刑事局長の息子(主人公)が拾う。
"DEATH NOTE"と知った彼は、この世を清浄化すべく、犯罪者の名を
次々に書いて葬り去るわけだけど、次々に犯罪者が死ぬのを知り、
警察からFBIまでが一斉に動き出し・・・とまぁ、こんな感じデス(笑

悪いヤツだから言うて、殺人は当然よろしくないワケで。
ぶっちゃけ、主人公はエリート過ぎで正義感が強すぎるあまり、
オマエも犯罪者やんけー!みたいな(汗)。
週刊少年ジャンプにしては珍しいパターンかも。だって・・・
友情・努力・勝利」ってのが絶対的条件なハズの雑誌だしね。
ゆ、友情? ど、努力?? ・・・しょ、勝利???
・・・なんだかどれも符号が一致しそうにありませんが(爆)。

実は・・・連載開始当時、そんなあらすじを知った時、
「んな、名前書くだけで死んじゃうんだったらすぐおしまいじゃん!」
・・・なーんて言うてたんですよね、ええ。
そんなコトもスッカリ忘れて、結構ハマってしまった漫画の1つDEATH。
まぁ面白半分でノートを人間に渡す死神でも、きっとボクには
死んでも渡してくれないことでしょう・・・わはは(泣?)。

まぁそんなサスペンスな内容だけに、今回の映画化は想像易いけど、
特にこの漫画の場合、心理作戦と言うか、内面が最大の魅力で。
ドタバタ劇にしたり、やたら喋ったりでは原作の雰囲気ブチ壊れ。
なので、映画化が決まった時、どういう風に・・・なんて思ってたら、
主演は藤原竜也さんで。他にもキャスティングを一通り見たけれど、
なんだか上手にキャスティングしたなァ、なんて言うてたワケですよ。
さすがに死神リュークはオールCGだそうですが(^-^;)。

で、今回は前編で、今年の秋には後編を公開する予定となってるんで、
映画としては結構大作になるかな、と。<制作費は20億円だそうで
前出の前田有一氏の批評ではかなり厳しいみたいですけどね(爆)。

ボクがこういう有名な原作、特に漫画なんかを映画化するケースで
一番恐れているのは、原作を知らないと面白くないやん?ってなモノ。
映画を見て、じゃぁ原作を読もう!ってんならまだ全然良いんだけれど。
なんだか評価が完全に二分しちゃいそうな予感デス、ええ(汗)。

監督は金子修介さんで、最近だと「あずみ2」だとか、チョット前には
矢田亜希子さん主演の「クロスファイア」とかあって、見てるんだけど、
正直この監督の作品って・・・とりたてて良いとは思えなくて(爆)。
そういやコレって、原作はあの宮部みゆきさんだったんだよね。
彼女原作の「ブレイブ ストーリー」もこの夏上映で・・・。<また脱線?

あと、個人的にボクは小畑さんって漫画家さんのファンなんだけど、
彼の作画って、週刊雑誌とは思えないくらいディテール細かくて(笑)。
ぶっちゃけ、物語自体も確かに面白いけど、彼の作画の影響ってのは
デカいと思うのね。なので、余計に映画化って難しそうな気がして。

因みに小畑健さんと言えば、少し以前ブームになってましたよね、コレ。


「ヒカルの碁」より。 ※覚醒剤の使用はヤメましょう(汗)。





・・・・・。 ▄█▀█●



いや、こんなフザけたことやってるとファンに殴られそう(;´д⊂)。
ヒカルの碁」は漫画そのものも人気だったけど、後には全国区で
囲碁ブームにまでなったもんね。因みにボクはかなり下手ですが(涙
それでアニメ化されて、日本文化に厳しい韓国でも放映されて。


さて、と。次、次。〜ぃ。(; ´ー`)フゥー


2つ目は、ディズニー最新作、「カーズ」デス。

「カーズ」 (2006年アメリカ)

ディズニーアニメ映画「カーズ」(2006年アメリカ) ※日本公開は7月1日

アニメと言えば、こちら。ディズニーアニメの最新作ですね。
You might think I'm crazy but all I want is you... 〜♪
・・・って、そっちの方のカーズじゃないですよ、念の為。<おぃ
ちゅーか、オッサンくらいにしかわかんないネタでごめんね(;´д⊂)。

監督は大ヒット作「Mr.インクレディブル」や「ファインディング・ニモ」、
トイ・ストーリー」などを手掛けたジョン・ラセターで、声の出演では
主演がオーウェン・ウィルソン。他にポール・ニューマンも出てますね。
オーウェン・ウィルソンと言えば、やはりコメディ作品が多いだけに、
声だけとは言え、かなりコミカルな演技に期待出来そうデス(笑)。

実は自分、ディズニーアニメって、ほとんど見てないんですよね(汗)。
全く知らないってことは勿論無いのだけど。積極的ではないんだよね。
まぁ作品そのものが子供か子連れのファミリー向けってのもあるし。

しかーし!今回は何故か惹かれてしまいましたよ、つい。
何故なら・・・車だし(笑)。おまけに舞台はアメリカのルート66だし。

物語は、写真を見ての通り・・・・車ばっかりなんだけど(笑)。

都会育ちの主人公、マックィーンは頼る友達のいない天才レーサー。
そんな彼がある日、ラジエーター・スプリングスなる田舎町に迷い込む。
そこでは、彼が今までに見たこともないようなボロい車がいっぱい。
しかし、そこには人情?深い連中が長閑に平和に暮らしていて、
彼は次第にそのアットホームな場所に安らぎを覚えていくのだけど、
実はこの町には誰も知らない秘密が存在していた。

それが、ルート66。そう、ルート66は周知の通り、実在する道路で、
1900年代前半にアメリカが施工したシカゴ〜ロスアンゼルス間の
約4000キロに渡る東西の重要ルートで、時代を築いた母なる道。
しかし、新しく高速道路が全米中に敷かれ、1985年に地図から消滅、
ルート66沿いに栄えていた町は軒並みゴーストタウンと化した・・・。

実はこの物語、そんな史実を一番のテーマとして盛り込んでるんだよね。

で、この物語の中の町も、そんなルート66と共に栄えた町だけに、
もしこの道路が消えてしまったら自分らはどうなっちゃうよ?!、と。

因みに、ボクのサイトに世界各地で撮影して来たフォトギャラリーの中で
いくつかルート66にまつわるフォトアートが見られるので是非(^-^;)。

この物語の舞台になったであろうルート66はボクも何度か訪れていて、
チョット前にも相方を連れて行ったんだけどね。
実際、ゴーストタウンは多くて、ジャンボジェット機まで捨てられてたり、
ガソリンスタンド見っけ〜♪って入っていくとモヌケの空だったり(汗)。
整備された高速道路が出来れば当然、みんなはそちらを利用するし、
そこでまた町が新たに発展していくのだけど、残されたルート66沿いは
もう廃墟になる一方だもんね(涙)。モーテルとか経営していたところで、
目の前の道路を誰も走らなかったら商売になんないし。

因みに、地図上からは確かに消されてますが、実際には道路自体は
一応残ってます。わざわざ道路壊す必要もないワケだからね。
それが次第に観光スポットみたいになって、最近訪れる人も増えてます。
増えてるとは言え、廃墟だけどね・・・道路しかないもんだから(爆)。
なので、訪れる際は50年以上前の再版された道路地図を片手に
トロトロと車を走らせてます(笑)。Get your kicks on Route 66...〜♪

米軍再編だのイラク戦争だのってアメリカに辟易しちゃってる人には
是非、本当のアメリカを見てもらいたいものでありマス。

どうでもいいけど、車をキャラクター化するっていうと、大抵の場合って、
車のヘッドライト部分が「目」になってたりするのがお約束と思うけど、
コイツらの場合・・・目が・・・フ、フロントガラスやん!?<爆
っていうか、ファミリー向けなアニメなのに、車のディテールを見ると、
やたらめったら細かいし!なんかもう ダッジ・バイパーみたいなのから
ムスタングみたいなのから、70年前のフォードまでいろいろおるし(笑
って、主人公はどう見てもバイパーよね・・・(汗

あ、日本国内の公開は来月、7月1日デス。<一斉ロードショー


ってなワケで、次、次〜〜〜ぃ。


3本目。ファミリー向けと言えば、「さよなら、僕らの夏」かな。

「さよなら、僕らの夏」 (2004年アメリカ)

映画「さよなら、僕らの夏」(2004年アメリカ)※日本公開は2006年夏

制作は2004年みたいですね。インディー映画だからズレたのかな?
カンヌ国際映画祭にも出品して、高い評価を受けているようデス。
で、日本国内での公開は既に関東では先週末から始まってますが、
我が地元の名古屋では7月中旬予定だそうで(汗)。<何?この間は?

監督はこの映画が初作品となるヤコブ・アーロン・エステス。
主演はあの「ホーム・アローン」の大ヒットで、その後人生の堕落を
経験してしまったマコーレ・カルキン(汗)の実弟、ロリー・カルキン。
最近ではメル・ギブソン主演の「サイン」に子役として出ていたので
知ってる人も多いかも。ってか、顔はやっぱマコーレ君そっくりだし(笑

物語は・・・こちらもなかなかわかりやすい。テーマは「いじめ」。
とは言うても、残酷に陰湿にイジメまくるとか、そんなんじゃなくて。

普段からイジメに遭ってる弟を思い、ある日、兄がそのいじめっ子を
懲らしめるべく、彼を川下りへ誘い、そこで蹴落として笑い者にしよう、
という計画を立てる。そして、弟の誕生日祝いをするという理由で
いじめっ子を誘い出したは良いが、思いの他そのいじめっ子の彼が
普段とは違って人懐っこい面を見せるもんだから、計画を実行すべきか
止めるべきかと葛藤するも、友人らと共に川下りへ・・・。

って、それだけだと、まるで他愛の無い映画になってしまうんだけど、
当然、そこからが本当のストーリー。<よからぬ方向へ・・・、みたいな
でもそこは実際見てからでないとわかんないのでワカリマセン(笑)。

まぁいわゆる青春ストーリーだろうけど、サスペンス要素もあるので
(というか、それが主体?)、なかなか見応えはありそうですね。
このテの映画って言えば、「スタンド・バイ・ミー」をはじめとして
結構いくつもあるんだけど、この映画はワリと最近の若者を映してるんで
またそれらとも違った印象なんだろうな、と。

コレまた上映館も少なくてマイナーで、相当地味な映画だとは思うけど、
結構こういったインディー映画とか、シネコン系って、アタリは多い。
よっぽど映画好きでないと、こういうところまで見ないと思うけどね。
ハリーポッターとか見て大満足〜!で終わってたらいけません(笑)。


あ、そうだ。まだコレでネタは終わってはいけないんだ!<違っ


そんなワケで(汗)、冒頭で紹介した映画「DEATH NOTE」に因みまして、
以前書いてからずーっと放ったらかしにしてた記事を追記(汗
記事というか・・・思いっきりマンガですけど(^-^;)。<拾いモノ

原作知らない人やインターネットを全く知らない人には
全く面白くない内容だとは思いますが、我が家は大爆笑でした(笑)。
ネットでだいぶ前から出回ってたんで知ってる人の方が多いカモ。


では、どうぞ〜。






001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025

026

027


・・・・いやぁ、よく出来てます、ええ(大笑)。
コレって、絵はコラでなく完全に実際のコミック「DEATH NOTE」だよね?
よくまぁココまで上手い具合にフキダシだけ摩り替えたもんだ!<感心

っていうか、よくココまでネタを引っ張るよなァ、自分(滝汗

いやぁ、最後の最後のオチから、本来のキャラクターの性格やら、
見事にマッチしていて最高デス。<ちゅーかヤバくね?

因みにボクは某巨大掲示板、未だにどう見ていいのか知りません(爆

その、最後のオチに関してですが・・・
2週間前にこんなニュースが出てましたよね、勤務中にネットっていう。
なんか・・・7割くらいの人が「ドキッ!」ってなるような(笑)。

ボクのこのブログやサイトの方も、アクセス状況を見ていると、
やたらと政府機関の人が訪れてます、ええ。昼間っからバンバンに(汗
まぁ時事に関する記事を結構書いてるから、ってこともあるし・・・
と思いきや、プレステの話題とか全然カンケーない検索フレーズで
訪れてるお役所の人も結構いる・・・(爆)。<だからヤバくね?

まぁそこは・・・休憩時間にたまたま・・・だとしよう、うん(^-^;)。
しかし、衆議院やら厚生労働省、文部科学省、国土交通省まで、
ひと通りキッチリ定期的に訪れてる人がいるのが気になります(涙


・・・あ、あまりフザけたこと書けないかも(;´д⊂)。<手遅れ!


ってなワケで、仕事も遅れまくってるのでこのへんで。<コラ


ココをクリックして「人気blogランキング」へ投票
記事を読んでいただけたらクリックに協力下さい。
| yass | 映画 | 00:00 | comments(32) | trackbacks(58) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - |
 トラックバックありがとうございました。
拙い主婦のblogですのに、、。DEATH NOTESに関しても舌足らずな表現でお恥ずかしい限り。こちらで言いたいことをすっきりと言っていただけたような気がします。

 しかし、素晴らしいblogですね。これからもお邪魔させていただきます。

追伸:最後のマンガ、意味通じなかったらどうしようと思いながら、、。笑えてよかった!
| yumikong | 2006/06/16 9:17 AM |

トラバありがとうございます(^^)
DEATH NOTE明日から公開ですね!楽しみです♪
少年漫画なのに大人のファンが異常に多いですよね。
芸能人でも読んでる人多いし。話題です。
最初DEATH NOTEは読みきりだったのはご存知ですか?
ジャンプは読みきりを書いて、好評だったら連載をするというパターンがあるのです。(ワンピースもその一つ)
読みきりは小学生が主人公で、今ではありえない「書いたことが帳消になる消しゴム」なんてアイテムもあって、死んだ人間が生き返ったり、主人公が死んでみせたり・・・。
あと唯一、連載と同じリュークは、もっとファンキーな感じでした 笑。
| まみぃ | 2006/06/16 9:35 AM |

トラバありがとうございましたv
DEATH NOTEもついに明日から公開ですね。
期待感あり、不安感あり.....。
オリジナル要素も入っているので、原作を知らない人にも楽しめるものになっていると良いのですが(>_<)
色々な意味でドキドキしながら、映画館に足を運んでみたいと思います♪
| 流風 | 2006/06/16 11:46 AM |

トラバありがとうございました♪
DEATH NOTE 楽しみですよね。
キャストが結構好きな人が多いので、見に行きたいですv
こちらの漫画、初めて読みましたが、爆笑でした。
キャラの性格、熟知してますよね(笑)
かく言う私も、某巨大掲示板の見方が良く分かりません・・・。いつも、雰囲気で見てますよ(^−^)
| miu | 2006/06/16 1:02 PM |

何だかこの記事を読んでいたら、デスノート見たくなって

きましたよw。

でも、やっぱり原作を読んでないとイマイチなのでしょうか。


そしてなぜか以前に「新造人間キャシャーン」の実写版を見たのを

思い出しました。

子供のころにテレビで見ていたので、懐かしさに負けて見に

行きましたが、なかなか微妙でしたねw


ルート66についてはあまり良く知らなかったので、勉強になりました。
| shibatex | 2006/06/16 2:54 PM |

トラバありがとうございますww
しかしこのマンガよくできてますねぇ。笑
映画公開!ついに!ですね☆
個人的には結構楽しみにしている作品なので、
近いうちに観に行こうかと思っています。

あ、それよりもこのブログ車走るんですねぇ!笑
めちゃくちゃかわいくってしばらくずっと見てました☆
また遊びにきます♪
| コデマリ | 2006/06/16 4:13 PM |

●yumikongさん

コメントどうもデス。スッキリしてもらえたなら嬉しいデス(笑)。
走り書きblogなのに、そう言ってもらえると尚嬉しいデス(^-^;)。
オマケの漫画・・・面白いですよね!かなりツボでしたよ。

●まみぃさん

コメントどうもデス。映画、いよいよ明日ですね。<全国ロードショー
確かにジャンプ漫画なワリには内容が内容だけに・・・(汗)。
当初読み切りであったのは存じてますよ。消しゴムで主人公蘇生とか(笑
そういやCGで登場する死神リュークの声は中村獅童さんだそうですが、
なんだか想像つきません・・・(^-^;)。<もっとガサツな人だと思ってて

●流風さん

特に原作をずっと読んでた人にとっては微妙ですよね、ええ(汗
ただ、キャスティングはなかなか悪くなさそうな気がするんですけどね。
Lなんか非常にウケましたよ、見事な松山さんの真似っぷりに(笑)。
しかし、コレ。評価が思い切り二分しちゃうと思われ・・・。

●miuさん

映画化・・・されそうだな、って言うてる矢先に制作決定で(^-^;)。
パロ漫画、爆笑しましたか〜。やっぱ原作知ってる人にはウケますよね。
キャラの性格が如実に出てますもんね、イヤミなくらい(汗
某巨大掲示板は・・・専門用語がまるでわからないんで見ない(爆)。

●shibatexさん

あ、見たくなっちゃいました?見てきて是非レポをUP下さい。<おぃ
一応こういうのって、原作知らない人でも見られるように脚色なんかも
されてると思うんで、あまり原作に拘らない方が良いと思うですよ。
因みに・・・「華奢ん(笑)」はヒドかったですね、ぶっちゃけ。
アレこそ原作を知ってたらかえってマズいっすよ、ええ(爆)。
宇多田ヒカルの旦那さんってことで多少話題にはなったものの・・・。
漫画みたいになっちゃうからワンコは出しませんでした!って監督談。
あの〜・・・物語自体、ビックリするくらい漫画な作品なんですが。<涙

ルート66はドライブや車好きには非常にオススメ(笑)。
もうね、群馬の山奥とか東北の山村が大都会に思えますよ、ええ(爆)。
ただ、前回の時も途中までしか行けなかったんで、いつか完走したいと
思ってるんですが、何せ往復すりゃ8000km以上になりますしね(爆)。
なので、いつも西〜中央まで、っていう。<それでも往復3000kmとか
しばらく運転したくなくなっちゃうかも(^-^;)。

●コデマリさん

訪問ありがとうデス。最後のマンガ、ホント・・・良く出来てますよね。
これだけ話のスジに合った場面(画)を探すだけでも大変じゃないか、と。
それはそうと、このブログの右側に突如出没する車・・・ややウザい(爆
ボクとしては、徹底してシンプルにしたいんで、当然広告とか絶対に
ひっつけないつもりでいるんですが、他所で見てたら面白くてつい(汗
因みにコレ・・・日産CUBEなんですが、ボクの今の愛車でもありマス(笑
| yass | 2006/06/16 7:33 PM |

ルート66、8000km・・・・ですか。はぁ

すんごい距離ですねw。

やっぱりスケールがちゃいますね。

今まで1日1000kmが最高でしたから、単純に毎日走り続けて

8日かかるわけですか。

車もかわいそうですが、自分もかわいそうw。
| shibatex | 2006/06/16 9:59 PM |

トラックバックありがとうございます。
パロディ漫画めちゃめちゃ笑ってしまいました。
ブログも凄く面白いです!!

『DEATH NOTE』、私は原作を知らずに観て十分楽しめましたよ(*^-^*)
その後原作を読んで更に好きになりました。
明日は盛り上がってくれるといいな〜。
| tocco | 2006/06/16 10:23 PM |

トラックバックありがとうございます。
『デスノート 前編』、とうとう公開しちゃいますね。
ちょっとイカレ気味の役をやらせるとピカイチな
藤原竜也くんが大好きなので、ホント楽しみです★(笑
中村獅童さんは、どうかと思いますが・・・。

原作ファンもそうでない方も楽しめる内容であるコトに
期待しながら、次のレディースディを待ちたいと思います。

また、遊びに来ます(>_<)ノ
| 神谷 | 2006/06/16 11:05 PM |

こんにちは☆
トラックバックありがとうございます。

コミックスを第二部に入ってから買ってません。
第一部のがおもしろかったなぁ。
映画かなり期待しています♪
| らっちょ | 2006/06/16 11:47 PM |

確かにジャンプっぽくない漫画ですねー。話が怖いなーww
デス・ノートに載らないようにしなくちゃ。
漫画原作の映画化では、「月光の囁き」とか、「ねじ式」とか良かったような・・・。
対照的に「デビルマン」、「キャシャーン」の評価は低いですね。デビルマンは原作に対する思いいれが強くて、観てませんが、キャシャーンは映像凝っててよかったけど、昔再放送で観た原作のほうが面白かったっす。
| どうもー武田です。 | 2006/06/17 12:09 AM |

トラバ(トラックバックをこう言うのですね。ーオバサンなので。。。)ありがとうございました。
カーズのキャラクターはどれも車の特徴をよくつかんでいてかわいいですよね。オバサンでもグッヅ買いたくなってしまいます。
昔のルート66はすごくいいですよね。途中、ぽつんとある食事所にぶらりと入るとけっこうローカルの人で盛りあがっていたりして。カントリー風がたまらなくいいのです。
私はロス近郊のルート66しか知らないのですが、カリフォルニアを出たらゴーストタウン化してるのでしょうね。
| fusako | 2006/06/17 3:25 AM |

始めまして、TBありがとうございました。

本当は、昨日仕事中に(^^;ここきて、コメントしていこうと思ったのですが・・・

ちょっと、長かったので、途中切り上げて落着いてからにしました。
で、再度記事読んだら・・・(汗)


「デスノート」は、子供がコミック本を買っていて途中まで読んだのですが、途中からちょっとだらだらとしてません?(ファンに怒られるかな?)

後、サイドのウサギ可愛いですね。
動物好きなので、たまりません。(笑)
家には、ネコと犬と熱帯魚がいます。

▲「らもさんが・・・・」のコメント部の写真が気に入りました。
| リッチフィッシュ | 2006/06/17 5:25 AM |

●shibatexさん

そうです、シカゴ〜ロス間は往復だと8000km以上デス(爆)。
東京からハワイでも・・・片道6000km無いくらいじゃかな?
1日1000km走るだけでも大変ですが、ボクなんかの場合、
1週間で5000kmとかだったんで、なんかその1週間というのは、
ほとんど運転するだけで過ごしてたような錯覚が・・・(涙)。
5700ccのキャデラックでドライブした時はまだラクでしたが、
1300ccのシビックでドライブした時は腰がイカレましたよ(爆)。
真夏だとこの砂漠は気温50℃近いですしね。いつ壊れるか、って(汗
・・・・でも、オススメ(笑)。ネタにはもってこい。<おぃ

●toccoさん

パロディ漫画、ウケましたか〜。それは良かったデス〜。
というか、オッサンのダジャレにも耐えられて良かったDEATH(笑)。
toccoさんは原作知らなくても楽しめたんですね。
映画を見て興味を持って原作を、っていうパターンであれば、
きっと制作者側にとって一番ありがたい受け手だと思いますですよ。

●神谷さん

コメントどうもデス。本日全国一斉公開ですね。
ちょっとイカレ気味な藤原さん・・・(笑)。確かにそうかも。
「バトルロワイヤル」なんかのイメージもまだ残ってるんで、
こういう映画にはうってつけかもしれませんね。
ただ、恐ろしいほど冷静で天才、みたいな原作キャラを考えると、
果たしてどうなんだろう?っていうところはあるんですが・・・。
中村獅童さんは実際見てみないと全く想像出来ません(笑
んでも・・・レディースデイ狙い!ボクも行くなら1000円デイで(爆
また遊びに来て下さいませ。

●らっちょさん

コミックスの第二部は正直・・・微妙デス。<ボクもちゃんと読んでない
最近連載が終わったようですが、ラストは想像出来ましたしね。
まぁでもジャンプにお約束な強引な連載続行がなくてイイ感じ(爆)。
人気があると当初のラストまで変更してダラダラ引っ張りますもんね。
それを思うと、潔く完結させちゃってるし、作品としては良いかな、と。

●武田さん

んじゃ、ボクがデスノートを手にしたら、武田さんの名前書こうかな(爆
映画「デビルマン」もヒドかったですね。「キャシャーン」もそうだけど、
アレだけ変えちゃうならハリウッドに売った方が正解だったと思われ。
特に「デビルマン」なんてボクも原作を持ってるし、何度も読んでるけど、
映画化は可能だと思うけど、正直日本では厳しいと思うんだよね。
どうしてもちゃっちくなっちゃうし。テーマがテーマだけに。
「キャシャーン」は、紀里谷さんらしいアートな面が如実に出てたけど、
映画として見ると、なんだか画面が見にくいというか・・・(涙
| yass | 2006/06/17 11:50 AM |

●fusakoさん

トラックバックは・・・そうですね(^-^;)。<TB
今回のピクサー作品「カーズ」はボク、凄く見たいんですよね。
というか、とりあえずコレはもう前売りを買ってくる予定デス(笑)。
多分、子連れファミリーだらけだと思うけど!大人だけで見に行く(爆)。
車の特徴とキャラクターが見事にマッチしていて面白いし、
物語はかなりベタだとは思うけど、そこはやはりディズニーなんで。
そういやアメリカの試写会では実物大のキャラに扮した車(!)を
用意していたようで・・・やたらリアルでややビックリ(^-^;)。

fusakoさんもルート66は実際に訪れてるんですよね。
ボクもアメリカ中央部までしか実際には走った事ないんですけどね(汗)。
たま〜に寂れた田舎町があると立ち寄ってのんびり過ごします。
以前もココに書きましたが、バグダッドカフェみたいなところとか。
多くの日本人が知ってるようで実は全然知らない"古き良きアメリカ"を
知るキッカケにも良いかもしれません(^-^;)。

●リッチフィッシュさん

すいません、いつも記事は長いデス(笑)。<ネタ多すぎなんで
極力ありきたりな事は書かないようにしようと思うとどうしても・・・。
原作本は確かに後半はややダラダラしちゃってるようにも思えますが、
特にこの物語自体が、いわゆる心理作戦の応酬なので、ジリジリ感は
仕方がないかもしれませんね。逆にそれが"売り"でもあったりで(^-^;)。

あ、らもさんの写真も拝見ありがとございます!
ボクも勿論、過去に魚も鳥も犬も猫も全て飼ってた家庭育ちなんで、
動物はどれもこれも大好きデス。<その分、昆虫がやや苦手(;´д⊂)
らもさん、バナナが大好物で、やたら要求してくるんですよね(汗
1日で1本丸ごと食べてしまいます。デブらないかやや心配(涙)。
・・・って、元からウサギってやたらと丸いんですけどね(爆)。
| yass | 2006/06/17 11:51 AM |

初めまして!トラックバックありがとうございます(>_<)

前編はもう公開ですね〜。早く観たいです・・・。

もう観られましたか?

また遊びに来ます(^O^)/
| (・∀・) | 2006/06/17 1:37 PM |

コメントありがとうございました☆

実は私、DEATH NOTE 読んでないんですよ〜!

これから読みたいと思います。ジャンプも変わりましたね。

私の時は黄金時代でした。(年がばれるかな?!)

スラムダンクをリアルタイムで読んでいたころです(^_^)

私もウサギを飼いたいと思ってます☆

あと、最初どきっ!としたのですが

上から車が走ってくるのが好きです。

リンク貼らせていただきました(^_^)

アルゼンチン、優勝候補ですよねぇ。

決勝トーナメントも期待です☆
| 宮本みなみ | 2006/06/17 1:37 PM |

●(・∀・)さん

いやぁ、観てません(爆)。
今のところ、「カーズ」は前売り券を買って足を運ぶ予定なんですけどね。
後半があるので、DVDを待った方がいいかなァ、とも(悩

●宮本みなみさん

あぁ、黄金時代・・・ボクもそんなもん・・・って、いや、ウソです。
ボクの世代だと「スラムダンク」なんて全然最近デス(爆
若い人にドン引きされないようにコレでもセーブしてるんです。<おぃ

あ、CUBEのアクセサリー、面白がって設置してたんですが、
どうも我が家のマックだと不具合が出るようなので、外しちゃいました(汗

アルゼンチンは優勝候補だと思いますよ。
っていうか、たまにはボクの予想も当たって欲しいような(笑)。
いや、もう明日ですよ、クロアチア戦。既に高揚気味(^-^;)。

| yass | 2006/06/17 7:38 PM |

コメントありがとうございます。
いつも話題豊富ですね^^
デスノートの映画は期待しています。
そろそろ原作の単行本でも集めようかと思う今日この頃です。

W杯の話ですが今回は強い国がしっかり勝っていますね。
アルゼンチンはかなり凶悪でした^^;
あのくらいパスがまわせたり、シュートが決められないと日本は上に行けないでしょうね。
ブラジルはロナウド、ブリブリに太ってますね。
オフシーズンはいつもの事ですが・・・。
自分の本命はブラジルなのでちと心配です。
| 弥一右衛門 | 2006/06/17 9:28 PM |

●弥一右衛門さん

すいません、無節操すぎで・・・(大汗)。
映画「デスノート」は期待されてるんですね。
原作、特に前半は面白いですよ。雑誌の方は最終回を迎えたので、
揃えるんだったらちょうど良いタイミングかも知れませんね。

W杯は、実は全く書き足りないくらい言いたいこともネタもあるんですが、
あまりにW杯に染まると俄かファンのようでイヤなので・・・控えてます(汗
いや、れっきとしたサッカー中心のしっかりしたブログがいっぱいありますしね。
しかし、昨日のアルゼンチンはビックリでしたね、ええ(笑
一応ボクの宣言した優勝予想国なので、ココはひとつ、って(^-^;)。
ロナウド選手・・・丸っこくなってて正直ビックリでした(涙
以前のマラドーナみたいにならなきゃいいんですけどね。<おぃ
実はネコ被ってただけで、日本戦でむちゃくちゃ強かったらそれも困るケド(汗
| yass | 2006/06/18 1:55 AM |

トラバありがとうございました。
面白いブログですね。映画の参考にもなります。
また寄らせていただきます。

映画も観にいってきました。
子供も一緒に行きましたが、
小学校低学年以下にはちょっと難しいかもですね。

トラバさせていただきます。
| るな | 2006/06/18 5:51 PM |

TBありがとうございます。

楽しく読ませていただきました。
DEATH NOTEは最初から楽しく読んでいます。
出演者は本当にすごい映画ですが(Lも似ているし、リュークもすごいし・・・)
内容はどうなのか・・・
見掛け倒しに終わらせないで欲しいと思います。
映画も見に行きたいですが、
無理かなあ・・・。

ここのブログ奥が深いです。
また、遊びに来ます・・・・。
| かぼちゃ | 2006/06/18 6:01 PM |

はじめまして。
TBありがとうございました。

「デスノート」コラ漫画、
笑いました。

キャラの性格がよくでていていいですね。
| トミー | 2006/06/18 8:31 PM |

トラバありがとうございます!
映画は予想外に良かったです。Lが良い感じでしたよね〜

漫画、ツボにハマりました。笑い過ぎて涙が出てしまいました
DEATH NOTEも良いけど、ヒカルの碁も読みたくなってしまったわ(笑)

また寄らせていただきますね。
| Ray | 2006/06/19 9:35 AM |

TBありがとうございました!お返事遅くなってスミマセン・・・
すばらしい内容のブログですね( ・∀・)私も見習わなくてわw

「DEATH NOTE」の原作は読んでないのですが、ネット等で情報はなんとなく・・・
で、あの怖い顔の人?をどうするのかと思っていたら、予告編を見てビックリ!
CGですよね?あれわ。
予告編で流れているMUSICも格好良く、かなり見たくなりましたw

ちなみに、私は「ぼくのなつやすみ ポータブル」の「ジャポニカ学習帳・ぼくなつ版付き」を購入予定です( ̄ー ̄)
| wocmmm | 2006/06/19 9:38 AM |

●るなさん

コメントどうもです。ちぃとレスが遅くなりました(汗
映画、多少なりとも参考に?していただけたら幸いデス(^-^;)。
本当は映画についてはアレコレ書き殴りたいところなんですが、
映画の性質上・・・なかなか難しいんですよね(涙)。
ただのあらすじだけなら、映画サイトはいくらでもあるし・・・。
「デスノート」は正直、小学低学年の子にはさすがに無理ですね。
というか、寧ろ見せたくはないかなァ・・・自分だったら(汗

●かぼちゃさん

どうもです。楽しく読んでもらえたようで何よりデス!
まだ映画はご覧になってないんですね。ボクもなんですけどね(爆
原作を知ってるだけに、映画化となると、どうしてもイメージが
原作の方で定着しちゃってるので、どうかな?ってのもあるんですが、
そこらへんは結構配慮されてるような気がします(^-^;)。
またいろいろ覗いてやって下さいませ。

●トミーさん

コメントどうもです。噴出しコラ漫画、笑っちゃいますよね(笑
キャラの性格がモロに出てますもんね。
というか、本当にそういうやりとりがあっても不思議じゃなさそう(爆

●Rayさん

映画、予想以上に良かったですか?
Lがイイ感じであれば・・・良かったです(笑)。
あの人の独特な雰囲気ってどうなのかなァ、なんて思ってたんで。
ボクも↑の漫画は何度見ても笑っちゃいます、ええ(^-^;)。
「ヒカルの碁」、なかなか面白いですよ。オススメです。
なんだか毎回ボクはフザけた記事を書いてますが、好きなんで(汗)。

●wocmmmさん

訪問どうもデス。いろいろ読んでいただけて嬉しいデス。
記事を書くこと自体、全然抵抗がないので大した苦労はなくて・・・
自分の琴線に触れる話題をワリと好き勝手に書き殴ってるだけで(汗
原作はまだ読まれてないんですね。映画をキッカケに読んでみると
良いかもしれませんね。12巻くらいなんで、すぐ読めますしね(笑
| yass | 2006/06/20 12:59 AM |

こんばんは。

コラ、まんが激しくワロタ
ってつかっていいのかなこの言葉・・・
TBさせていただきます。
| | 2006/06/24 1:48 AM |

トラックバックどうもです。
いやぁ、笑っていただけて出した甲斐?がありました(^-^;)。
ボクも激しくワロタですしね。<誰
| yass | 2006/06/24 10:56 PM |

トラックバック、ありがとうございます。私のところへトラックバックしていただいた映画は「カーズ」です。
とても面白いホームページですね。なかなか凝ってあり、読み応えがあります。読み手を考えて書いていらっしゃいます。
私は大人相手の宣伝アニメは観させてもらっています。本作は、数年ぶりに興奮した作品でした。自動車を自動者にしてくれ、まるでそれが我々の知る車ではなく、新しい生物のように。どこからこんな発想が生まれるのか。秀作に出合いました。
読ませてもらい、ありがとうございました。感謝致します。  冨田弘嗣
| 冨田弘嗣 | 2006/08/01 10:39 PM |

●冨田弘嗣さん

丁寧にありがとうございます。
なんか全然違う映画を1つの記事にまとめてしまってて恐縮デス(大汗
「カーズ」はいわゆる子供向けってされてますが、全然そんなことは
感じさせませんよね。ボクは本当は先月中にも劇場へ行く予定でしたが、
都合がつけられず、気がついたら吹き替え版しかやっておらずで、
結局まだ見てないんですよね。なのでDVD待ちになりそうデス(^-^;)。
まぁ見に行ったとしても、大抵DVDは買っちゃうんですけどね(笑)。
まだ見ていないのにアレコレ言うのは意に反しているんですが、
この映画は間違いなく秀逸だと思ってます。

因みに↓の記事の中にも後日談?的にカーズについて書いてます。
http://yass.jugem.cc/?eid=486
| yass | 2006/08/02 1:45 AM |

ヒカ碁の覚せい剤の画像を探して参りました♪
デスノの面白いパロも読めてラッキーでした♪
(ライトパパ自重w)
ありがとうございました。
| AKARU | 2008/10/13 4:39 PM |










http://yass.jugem.cc/trackback/475
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/08/27 10:48 PM |
「DEATH NOTE」
原作の漫画は読んだコトなかったし、個人的に1作で完結しない映画はあまり好きではないので観に行く予定はなかったのですが、やはり話題作。気になってしまいました。そしてコレが見事に当たりました!「NANA」の時は受け付けなかった松山ケンイチが今回はとても良
| Tokyo Sea Side | 2006/12/06 9:18 AM |
死亡筆記 〜DEATH NOTE〜
死亡筆記とは「DEATH NOTE(デスノート)」の中国語名です。映画の前編を見ました。L役の松山ケンイチは初めて聞く名前でしたが、原作のLのイメージに合っていてなかなかハマリ役だと思いました。ミルクティーに角砂糖入れてチュッパチャプスでかき混ぜるしぐさや電話
| じゃんす的北京好日子 | 2006/12/04 12:55 PM |
デスノート
★★★★  原作がコミックということは知っているが、まだそれは読んでいない。映画を観れば判わかるが、原作はあと回しにしたほうが良いだろう。 そうしないと、ハラハラドキドキはもちろんのこと、綿密に用意されたデスバトルと、どんでん返しの連続技を十分に味わ
| ケントのたそがれ劇場 | 2006/08/06 9:13 PM |
カーズ
梅田ブルク7 フルCGアニメという分野がある。新しい芸術が生まれたとしたら、それはCG(コンピュータグラフィック)だろう。この10年でCGは驚くべき進歩を遂げ、まだまだ先へ先へと進んでいる。民生のパ
| 活動写真評論家人生 | 2006/08/01 10:28 PM |
カーズ
2006年7月1日公開  ハイクオリティなCG映像と、心を震わせる感動のストーリーを併せ持つCGアニメーション映画を矢継ぎ早に世に送り出し、世界中に抜群のブランド力を誇るピクサーがまたまた世に送り出すハイセンス&大
| 金言豆のブログ ・・・映画、本について | 2006/07/27 2:13 PM |
映画 デスノート 前編
 映画デスノート見てきましたーヽ(´ー`)ノ  本当に前編だったよ(笑)  後編見なかったら不完全燃焼バリバリじゃー!(笑)  …みたいな。  すっごいいいトコで終わるんだもん…。  早く続き見せろーーーー!!!(笑)  いや、でも面白かったですよ(*≧▽≦)
| FINAL HEAVEN | 2006/07/11 11:20 PM |
あなたのお名前なんてーの?【DEATH NOTE前編】
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」 退屈な死神が人間界に落とした一冊のノ
| 犬も歩けばBohにあたる! | 2006/07/05 3:33 PM |
アリっちゃアリ、DEATH NOTE。
いい大人が一人「デスノート」を見る。 これ…どうなん? 周りからはたぶんこんなふうに思われているんだと予想します。 1.いい年してまだジャンプ読んでんのかよ!キモス! 2.あの人、友達いないんじゃね?なんかキモくね? 3.もしかして藤原竜也に
| アゴPの〈人生楽ありゃ蜘蛛膜下出血〉 | 2006/06/30 6:34 PM |
DEATH NOTE −デスノート−(前編)
 基本的に漫画原作の実写映画化に大当たりを期待するのは危険と言う認識があるので、過度には期待せず「DEATH NOTE」(前編)を見に行った。期待が生温かった所為もあり、予想以上にいい出来に感じ、それなりに満足出来た。時間が限られる為、どうしても端折
| ANQ Ritzberry Fields | 2006/06/28 6:50 AM |
デスノート特番
見つけましたよコレ また発見しましたよコレ http://www.youtube.com/watch?v=ZMZa-H2kPgU&search=death%20note http://www.youtube.com/watch?v=Y5ItP0Ctdxs&search=death%20note 私は忙しくてテレビ見る暇がないので(ここ何週間かTVつけてませ
| 松山ケンイチMEMOLOG | 2006/06/25 11:56 AM |
『DEATH NOTE デスノート前編』 (初鑑賞45本目・劇場)
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 6月23日(金)仕事の帰りに 神戸三宮国際松竹スクリーン4 にて最終18:50の回を鑑賞。
| みはいる・BのB | 2006/06/25 11:00 AM |
【劇場鑑賞64】DEATH NOTE デスノート 前編(DEATH NOTE)
ルール このノートに名前を書かれた人間は・・・ 死ぬ。 ルール 死因を書かなければすべてが心臓麻痺となる ルール 書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない 退屈な死神がノートを落とし 退屈な天才がノートを拾った
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/06/24 9:10 PM |
デスノート前編
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/最寄りの映画館で鑑賞。#というかMOVIXさいたま停電トラブルのでの招待券で。ご存じ週刊少年ジャンプで好評連載されたデスノートの実写化(前編)この原作を2時間映画で表現しよう
| 勝弘ブログ | 2006/06/24 1:48 AM |
DEATH NOTE =前編=
デスノートを観て来たよ〜。以下、感想&突っ込みなど。 映画『デスノート』公開!(BARKS) レッチリは原作コミックの英語版を読んで曲の提供を快諾したという。フリーは「映画『デスノート』に参加できて光栄だし、嬉しく思う」、アンソニー・キーディスは「聴
| JUMP OVER THE MOON | 2006/06/22 11:18 PM |
DEATH NOTE デスノート 前編
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、その他 名門大学に通うエリート大学生・夜神月(やがみライト)。ある日、彼は偶然一冊のノートを拾う。そこには、こう記されていた。 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と。 "デスノ
| いつかのダイアリー | 2006/06/22 12:32 PM |
さよなら、僕らの夏
   ※多少、物語の後半における感情の揺れ動きについて言及しています。気になる方は読まない方が・・・  オレゴン州の町に住む少年サム(ローリー・カルキン)は心優しい中学生だが、彼の悩みは。体格が良く恵まれた同級生ジョージ(ジョシュ・ペッ
| とにかく、映画好きなもので。 | 2006/06/21 3:40 PM |
『 DEATH NOTE (デスノート) 』
 公式サイト 映画 『 DEATH NOTE (デスノート) 』 [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2006/06/17[前半]・10月[後半]ロードショー】 監 督:金子修介 原 作:大場つぐみ 漫 画:小畑健  大場 つぐみ, 小畑 健 DEATH NOTE (1)
| やっぱり邦画好き… | 2006/06/20 8:36 AM |
B4.5:DEATH NOTE (前編)
そう記された“デスノート”をエリート大学生の夜神月が拾う。司法の力に限界を感じていた月は“デスノート”を使って法では裁けない犯罪者たちを裁く事を始める。大人数の犯罪者が裁かれて死んでいく中、人々の間にはキラと言う存在が生まれる。そして、キラを捕まえる
| 〜勝手に映画評価〜 | 2006/06/20 12:54 AM |
「デスノート」カリスマコミックから映画版へ公開
人気コミックから映画版になり6/17前編公開です。 登場人物で気になるのは南空ナオミ役の瀬戸朝香さん、弥海砂役の戸田恵梨香さんです。 戸田恵梨香さん、すごいですね! 映画にも登場でドラマに映画にと大忙しな感じがしますね。 今日の最新情報はランキングで!!
| 肌美的ベスト新着通販情報 | 2006/06/19 9:49 AM |
〈映画〉DEATH NOTE 前編/小畑健・大場つぐみ
 このノートに名前を書かれた人間は死ぬ――。 名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月。 彼は偶然手に入れた“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく。その目的は犯罪のない理想社会の実現だ。 一方ICPOは犯罪者の大量死を
| Crescent Moon | 2006/06/19 9:20 AM |
日替ランチ371
万年平男です。 DEATH NOTEってご存知ですか? 原作は少年ジャンプの超ヒットマンガなんですが、こんど実写映画化されるんですよね。 平男も原作は全話読みましたが、主人公とライバルとの”相手の一手先を読んだ巧妙な罠の掛け合い”がかなり面白く描かれており、作
| ★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog | 2006/06/19 1:46 AM |
カーズの声
カーズの試写会に当たった!!ヽ(゚∀゚)ノワーイ しかも字幕版!! ...
| 色即是空日記+α | 2006/06/18 11:37 PM |
「DEATH NOTE デスノート 前編」、公開
本日公開された「DEATH NOTE デスノート 前編」の情報を。 「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートするやいなや、衝撃的なストーリーが話題となった大人気コミックを実写映画化。書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思議なノート、\"デスノート\&quo
| Mugen Diary | 2006/06/18 11:32 PM |
一昨日、試写会に行ってきました。
タイトル:デスノート上映時間:2時間2分死神(フルCGの死神で声が中村獅童)が落としたノートを頭脳明晰な大学生の夜神月(ヤガミライト:藤原竜也)が拾った。それは、「名前を書きこまれた人間は死ぬ」というノート、「死のノート」だった。このノートを手にした
| 僕(やつがれ)が気になること | 2006/06/18 10:00 PM |
映画『DEATHNOTE-デスノート-前編』
ネタバレ注意!今日は『DEATHNOTE』の公開初日。もともと『週刊少年ジャンプ』で連載されていた(原作:大場つぐみ 漫画:小畑健)。人気コミックにも関わらず、存在を知ったのはつい最近。妙に気になって、映画館まで行ってしまった。夜神月は(やがみらいと)は人一倍正義
| 巫女の好き好き | 2006/06/18 9:07 PM |
原作ファンも結末は予測不可能!「デスノート前編」
映画「デスノート前編」を見てきました。 ストーリーや設定の変更が原作の良さを壊し
| トミーのエンタメ日記 | 2006/06/18 8:28 PM |
DEATH NOTE
実写版映画化しますね〜情報遅いですが、 6月前編、10月後編ですね。 いやあ、結構楽しみにしていたりして。 週刊ジャンプを毎週買っているので最初から観ていたりして。 少年漫画なのにスリルがあって、ちょっと難しくて 時々読むのが疲れるけど続けています
| かぼちゃのひとりごと | 2006/06/18 6:04 PM |
あと二日!
「DEATH NOTE」いよいよですね〜{/usagi/} ホントは公開初日に観たいっ{/ee_3/} でもきっと無理ですな。 子供達も連れて観にいくか{/eq_1/} いちおうR指定ははいもんね。 でもな〜イヤよね。子供らじゃなくって、私がイヤなのよ。 落ち着いて観れへんやんか{/face_gaan
| るなの月詠 | 2006/06/18 5:52 PM |
DEATH NOTE デスノート 前編
近所の映画館の招待券が当たったので、昨日に引き続き一人で映画を観てきました。 今日は「DEATH NOTE デスノート 前編」です。 小学生から高校生に混じっての鑑賞です(ちょっと居心地が悪い)。私の座った列には私の隣に高校生くらいの男の子が一人で座
| まぁず、なにやってんだか | 2006/06/18 5:05 PM |
デスノート
2006/日本 監督:金子 修介 出演:藤原 竜也    松山 ケンイチ    瀬戸 朝香    香椎 由字    藤村 俊二     加賀 丈史 帰りにポテトチップスのコンソメ味を買ってきました〜[:汗:] なんか世間ではLに人気あるんですね〜。わたし
| Lovely Cinema | 2006/06/18 4:32 PM |
カーズ 〜ビクサー史上最高の感動
 「カーズ」が、アメリカでは公開3日間の興行収入で6011万ドルを稼ぎ出し、 大ヒットとなっている。  ピクサーのCGアニメで、おまけに「トイ・ストーリー」のジョン・ラセ ター監督ということで、ヒットして当然という気もする。  宣伝から引用すると「全
| シカゴ発 映画の精神医学 | 2006/06/18 3:10 PM |
DEATH NOTE /デスノート(前編)
映画館で、出演:藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/満島ひかり/五大路子/津川雅彦/藤村俊二/鹿賀丈史/原作:大場つぐみ/小畑 健/脚本:大石哲也/監督:金子修介/作品『DEATH NOTE/デスノート(前編)』を観ました。 ●感想  ・原作コミ
| Rohi-ta_site.com | 2006/06/18 2:59 PM |
DEATH NOTE 前編
DEATH NOTE 2006/06/17公開 原作:大場つぐみ・小畑健(漫画) 監督:金子修介 藤原竜也 松山ケンイチ 瀬戸朝香 戸田恵梨香 いやぁ〜。実写版DEVIL MAN以来のクソ映画だった。 ※実写版DEVIL MANのヒドさについてはココを参考。 原作ファ
| お熱いのがお好き | 2006/06/18 1:57 PM |
デスノート /DEATH NOTE ☆前編☆
先行オールナイトに行ってしまった〜{/face_warai/} 少年ジャンプのコミックにハマってしまったのはこれが最初で最後{/face_nika/} 以前も書いたことだけど、こんなに面白いとは{/kirakira/}と。。。 (ジャンプの連載じゃなく単行本で読んでます☆)  コミック原作{
| 我想一個人映画美的女人blog | 2006/06/18 12:24 PM |
DEATH NOTE 前編
見てきました~♪(o=゜▽゜)人(゜▽゜=o)♪ルンルン♪ 今日も予習なしで。 宣伝でおもしろそうだったからどうしても今日見たかったの。 んで、瑠璃さん連れて行きました~&#63899; すっごくおもしろかったです&#63889; なんと映画館満員でした。うさぎかなり映
| ちわわぱらだいす | 2006/06/18 10:38 AM |
DEATH NOTE -デスノート- 前編
見応えと眠気が同居した曖昧な映画。 原作を知らない人にはつまらないかも・・・
| Akira's VOICE | 2006/06/18 9:44 AM |
劇場鑑賞「DEATHNOTE」
「DEATHNOTE」を鑑賞してきました累計1400万部超の人気コミックを、金子修介監督が2部構成で映画化。人を殺すことのできるノートを拾った天才少年と、彼の計画を阻止しようとする天才少年との息詰まる頭脳戦を描く。ストーリーは・・・大学生の月(ライト)は、黒
| 日々“是”精進! | 2006/06/18 9:36 AM |
【デスノート 前編】
*ネタバレしてます。* ★面白かったぁ〜♪映画化の話を聞いた時から、不安は沢山
| 空の「一期一会」 | 2006/06/18 8:17 AM |
『デスノート 前編』 & 舞台挨拶♪
CAST:藤原竜也、松山ケンイチ 他 同名の人気コミックの映画化。 大学生の夜神月(藤原竜也)は、ある日一冊のノートを拾う。そのノートは、そこに書かれた人が必ず死ぬという死神(リューク)が落とした物だった・・・・ まぁ〜ったく前知識無しというか
| *Sweet Days*  ~movie,music etc...~ | 2006/06/18 6:14 AM |
DEATH NOTE デスノート 前編
『DEATH NOTE』公開:2006/06/17(06/17)監督:金子修介原作:大場つぐみ    『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)     小畑健 (作画)出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史 名門
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/06/17 11:06 PM |
『DEATH NOTE デスノート 前編』
緊迫度[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]    2006/06/17公開   (公式サイト) CG度 [:結晶:][:結晶:][:結晶:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】金子修介 【脚本】大石哲也 【原作】大場つぐ
| アンディの日記 シネマ版 | 2006/06/17 4:28 PM |
DEATH NOTE 試写会行ってきた
デスノート試写会行ってきました!! なんやかんや考えてたり聞いたりしてたからずっと 「期待するな。期待して見ちゃダメだぞ。痛い目みるぞ」と心の中で唱えていましたが久々の試写(プリントチェック)以外の映画だったので本当に何にも考えずに見れて楽しめまし
| 日々 映画の中 で | 2006/06/17 3:58 PM |
デスノート (DEATH NOTE)
「デスノート」2006年6月17日 前編ロードショー! 昨日は、疲れて早くに寝てしまったので、映画(DVD)は、見ていません。 で、本日は、趣向を変えて、近々公開の「デスノート」 映画の方は、2006年6月17日から前編が、公開され、10月には、後編が公開されるようで
| 福の神 映画のすすめ | 2006/06/17 5:28 AM |
やっぱり凄かった「カーズ」Cars
ただ今米国で大ヒット中のピクサー・アニメの最新作「カーズ」Carsを見てきました
| 「USAのんびり亭」映画情報 | 2006/06/17 4:21 AM |
「DEATH NOTE デスノート」レビュー
映画「DEATH NOTE デスノート」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演・声優:夜神月:藤原竜也、松山ケンイチ、中村獅童、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、戸田恵梨香、藤村俊二、鹿賀丈史、青山草太、中村育二、奥田達士、清水伸、小松みゆき、
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/06/17 2:48 AM |
6月の映画鑑賞予定メモ
5月からの繰り越し分「ホテル・ルワンダ」「嫌われ松子の一生」「GOAL!」はできるだけ早めに行きたいけど、残業週間が始まる…。「夢駆ける馬ドリーマー」「迷い婚」は行かないかも。で、6月公開分。 ・「ポセイドン」…期待外れの予感がヒシヒシ? ・「インサイ
| ふわふわり | 2006/06/16 10:31 PM |
ディズニー映画「カーズ」DVD付きブラウン管テレビ発売!
7月1日から公開されるクルマのキャラクターが走り回るディズニー映画「カーズ」ですが、結構楽しみにされている方が多いのではないでしょうか^^ そんな「カーズ」にかわいいDVD付きブラウン管テレビが発売されることになりました。 口の部分がひらいて
| ミニバン・軽・コンパクトカー通信 | 2006/06/16 7:59 PM |
映画 『デスノート』 予告編動画・限定前売り券
「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載中の人気マンガ「DEATH NOTE(デスノート)」の劇場版が実写で公開されますが(6月17日に前編が、10月に後編が公開予定)、 その予告編動画がYouTubeに公開されています。リュークが怖い(笑) 【関連】http://www.youtube.com/w
| THE有頂天ブログ | 2006/06/16 7:35 PM |
映画「DEATH NOTE デスノート」前編
映画『DEATH NOTE デスノート』の試写会に行った。 ものすごく興味深く
| いもロックフェスティバル | 2006/06/16 7:27 PM |
カーズ
今度の≪奇跡≫は、[クルマの世界]に起こります。 ピクサー×ディズニーの最強タッグ! 車の世界、人間は1人も出てきません。 虫すらクルマに羽が生えた生き物ですw 最初に予告を見たときは思ってました。 あんまり華がないなぁ、、と。。。 ごめん
| 色即是空日記+α | 2006/06/16 4:10 PM |
映画「カーズ」もゲームになります
さっきの記事に引き続き、これから公開される映画のゲームの話です。 映画のCMより先に違う商品のCMで姿を見せたディズニー/ピクサーのアニメ映画「カーズ」。 同じくディズニー/ピクサー映画では、以前当ブログでも「Mr.インクレディブル」を取り上げまし
| 2次元ゲーマーの無駄口 | 2006/06/16 2:01 PM |
『インサイドマン』
試写にて『インサイドマン』鑑賞。 デンゼル・ワシントン、クライヴ・オーウェン、ジョディ・フォスター共演ですよ!? しかも監督がスパイク・リー! これは期待しますよね~。感想はというと、もう一回観たい&#63911; 二度観て更に面白くなる映画だと思います。 In
| 試写会帰りに | 2006/06/16 11:59 AM |
DEATH NOTE デスノート 前編
累計1500万部突破の大人気コミックの映画化。 もちろん!!コミックのほうでも読んでるファンでありますw 若干、原作とは違った展開するんですが、面白いっっ 原作を知らなくても楽しめる、引き込まれちゃうと思います!
| 色即是空日記+α | 2006/06/16 10:29 AM |
DEATH NOTE(デスノート)
映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック SOUND of DEATH NOTE 監督:金子修介 出演:藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/藤村俊二/戸田恵梨香 etc 音楽:レッチリ/スガシカオ 試写会に行って来ました。 6月に前編。10月に後編が公開される話題の
| テレビミチ+エイガミチ | 2006/06/16 10:06 AM |
DEATH NOTE映画化
「DEATH NOTE」(デスノート) このノートに名前を書かれた人間は死ぬ
| 。*。:゜☆キュートに生きちゃおうっ☆゜:。*。 | 2006/06/16 9:00 AM |
デスノート最終回&その他いろいろ
続きが気になってついジャンプ読んでたんですが デスノートついに最終回。 そして映画化に続き、アニメ化、ゲーム化、小説化、 さらにトリビュートアルバムまで発売。 以下、ネタバレ感想なので未読の方はご注意ください。 DEATH NOTE (1) 大場 つぐみ, 小
| Happy☆Lucky | 2006/06/16 8:50 AM |
『DEATH NOTE』実写映画化
うふふ。そろそろですね。 映画版『DEATH NOTE -デスノート-』 ↑HPで予告編の映像が見られます 最初は映画化に反対でしたが結構面白そうです 出来はいい感じだし、キャスティングも藤原達也はハマリ役に見える なんだか楽しみになってきた!
| 怠け羊をめぐる冒険。 | 2006/06/16 4:01 AM |


このページの先頭へ