<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Stylish jam - Blog

.....Floccinaucinihilipilification for it !
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
史上最高のロックソング、500曲。
・・・なんてのがローリングストーン誌の最新号で調査されたそうな。
つい最近こんなような話題を出してただけにタイムリー(笑)。
以下はその結果なんだけど・・・チョット違うんじゃ(微汗)。

01. 「Like a Rolling Stone」ボブ・ディラン
02. 「(I Can't Get No) Satisfaction」ローリング・ストーンズ
03. 「Imagine」ジョン・レノン
04. 「What's Going On」マーヴィン・ゲイ
05. 「Respect」アレサ・フランクリン
06. 「Good Vibrations」ビーチ・ボーイズ
07. 「Johnny B Goode」チャック・ベリー
08. 「Hey Jude」ビートルズ
09. 「Smells Like Teen Spirit」ニルヴァーナ
10. 「What'd I Say」レイ・チャールズ
まぁね、どれもこれも誰もが知ってるような、いわゆる王道の曲で、
時が経っても語り継がれていそうな、まぁそういう曲ばかりだけど、
ロックな曲っていうテーマがあるんだからさ、もっとロックしようよ(涙)。
こういうアンケートとかって、日本でもアメリカでも同じモンなのね。

ロックと来て、それでジョン・レノンで「イマジン」だなんて、
もうナンセンスにもほどがあるって感じ・・・。
もっと彼だったらロックしてる曲が山ほどあるのにさ〜。
で、マーヴィン・ゲイなんてロックちゃうし。R&Bだし。
アレサもそうだけど・・・まぁ彼女の曲の中ではロックしてるかも?
ディランにしても、まぁコレ名曲には違いないし自分も好きだけど、
「Shelter From〜」とかさ、コレよりはロックしてるのあるだろうに。

ビートルズなんかはその調査にある500曲のうち、最も多くて
23曲がエントリーされてたそうだけど、で、その中で一番が
「Hey Jude」って。音楽理論上からしてもチョット違わないのか(汗)。
単純に好きな局選んでるだけじゃん!っていう・・・まぁいいんだけど。
というか、ローリングストーン誌は一時自分も読んでたことあるけど、
こういうのしょっちゅうなんだよねぇ・・・(涙)。

まぁ70年代にはカーペンターズの「Goodbye To Love」が、
今度のナンバーはハードロックです、なんて紹介されてたくらいだし(爆)、
まぁアメリカもこんなモンなんだな、って感じなワケです、ええ(笑)。

イギリスの音楽雑誌のアンケートの方がよっぽどマシでしたな(汗)。

まぁ兵士と民間人の区別の出来ない人も結構多いので(汗)、
そこらへんはカンベンしてやって下さい、ってことで。
| yass | 洋楽 | 20:00 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:00 | - | - |
確かに、ロックの概念を揺さぶる曲群でありマス(笑)。
ただ、500曲全部見たわけではないのでにんともかんともですが、この10曲にニルバーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」が入っているのは特筆すべきかと・・・。
他全部大昔の曲やん!(笑)
ニルバーナ、衝撃だったもんね。
ああいうのは、しばらく出ないだろうなぁ(しみじみ)。
っていうか、ニルバーナさえ、かな〜り古いって言えば古いんだけど(涙)。
| hironao | 2004/11/18 11:43 PM |

多分・・・500曲全て見てもメチャクチャではないか、と(汗)。
この中ではニルバーナが唯一正統な?ロック曲って感じ(笑)。
全部古いってところがアメリカと日本の違いかしらん?

ニルバーナも考えてみたら13年くらい前だもんね。
カートが自殺してからでも10年以上だし・・・(遠い目)。
今大学生の人でも当時幼稚園か小学生ってなくらいで(爆)。
| yass | 2004/11/19 12:26 AM |

ちなみにローリング・ストーンズはマイルス・デイビスに一緒に音楽をやろうと誘いましたがマイルス・デイビスは断りました。マイルスの自叙伝より
| g | 2009/09/17 2:19 AM |










http://yass.jugem.cc/trackback/250


このページの先頭へ